出産 脱毛

出産後の脱毛症

女性の場合、出産をキッカケに髪の毛が細く薄くなったと感じたり、抜け毛に悩まされるという人が多いです。
しかし、これは「産後脱毛症(分娩後脱毛症)」といって、出産後の女性に特有な一時的な脱毛症状であり、それほど深刻に悩む必要はありません。

 

出産に伴うホルモンバランスの変化によって起こります。
妊娠中は出産に備えて女性ホルモンが増加しますが、それによって毛髪の周期も変化し、成長期から一気に休止期に移行してしまうのです。
出産を終えるとホルモンは通常の分泌量に戻りますが、髪の毛は休止期に入っていますので抜け毛が一気に増えるという訳です。
しかし、この抜け毛は本来の毛周期であれば抜けていたはずの髪の毛であるので心配はいりません。

 

この「産後脱毛症(分娩後脱毛症)」は、女性ホルモンのバランスが戻につれて徐々に回復していきます。
回復具合には一人ひとりの個人差もありますが、概ね産後半年〜1年ほどの期間で自然と元に戻ることがほとんどです。
但し、出産後にストレスなどが加わると回復を妨げてしまう場合もあり、重度になるとそのままストレス性の「円形脱毛症」へと発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

抜け毛がなかなか改善しないと感じたり、強いストレスを感じるような時には、一人で悩まず早めに専門医を受診して相談しましょう。

<<女性の薄毛治療が行える病院はこちらでご紹介しています!>>