女性 フケ 脱毛

抜け毛や薄毛にお悩みの皆さん、頭皮の状態はいかがでしょうか?
フケやカユミ、頭皮の炎症が起こっていたら要注意です。もしかしたら、それは単なる抜け毛ではなく「脱毛症」かも知れません・・・。
というのも、フケが原因となった脱毛症があるからなのです。
その脱毛症とは「批糠(ひこう)性脱毛症)」と「脂漏(しろう)性脱毛症」の2種類。
それぞれ原因も症状も違いますので順番に見ていきましょう。

 

批糠性脱毛症

カサカサに乾いた頭皮が炎症が起こし、フケによって毛穴が詰まり抜け毛となっていく脱毛症です。
フケの主な原因は頭皮の乾燥によるものです。髪の洗いすぎや、ゴシゴシと爪を立てて洗ってしまうことによって頭皮を傷め、必要な皮脂まで落としてしまうことによって乾燥を引き起こしてしまうというものです。
洗浄力の強すぎるシャンプー剤を避け、シャンプー時には頭皮を傷つけないよう、指の腹で優しくマッサージするように洗うようにしてください。

 

脂漏性脱毛症

頭皮の皮脂の過剰分泌によって頭皮が炎症を起こし、その結果生じてしまう脱毛症です。
ひとことで言うなら頭皮の“あぶら汚れ”と言えます。
頭皮の皮脂の量が多くなり過ぎると、頭皮の汚れや空中のホコリなどと混ざり、ベタベタしたようなフケとなって毛穴を塞ぎ、抜け毛を引き起こします。
皮脂の分泌を正常に保つためにも、洗髪は毎日シッカリ行いましょう。シャンプー剤の洗い残しがないように、すすぎはシッカリと行ってください。

 

どちらもフケが原因である脱毛症なのにも関わらず、「批糠性脱毛症)」は皮脂の不足、「脂漏性脱毛症」は皮脂の過剰というように、フケの発生原因は真逆です。

 

皮脂の状態が正常に保たれていることが頭皮の健康には重要なのですね。
これらの症状がみられる場合には自己判断は禁物です。きちんと皮膚科の専門医を受診し、診断を受けるようにしてください。

<<女性の薄毛治療が行える病院はこちらでご紹介しています!>>