20代 女性 薄毛

20代の薄毛は対策可能

「若年性脱毛症」をご存知でしょうか・・・?

 

抜け毛や薄毛というと、通常は「中年男性の悩み」を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

しかし、今では若い20代であっても薄毛に悩む方が多く、しかもその大半は女性! 雑誌では特集が組まれるほどです。

 

なぜ、若い女性に薄毛の悩みが増えているのか・・・。

 

その主な原因として多く挙げられているのは以下の3つです。

 

「無理なダイエット」

極端な食事制限や、激しい運動など、過剰なダイエットは栄養失調状態を招き、女性ホルモンのバランスも崩します。
その結果、抜け毛が増え、薄毛に繋がってしまうのです。

 

「カラーリング・パーマ」

一昔前は、「白髪」を染める目的で行われていたカラーリングですが、いまや“オシャレ”の一環として、幅広い年代の方が  当たり前のようにカラーリングを楽しむ時代となりました。

 

しかし、髪の毛の染色や脱色に使われる薬剤は、髪を傷める原因ともなります。

 

パーマも同様です。髪の毛のタンパク質やキューティクルを壊してしまうので、繰り返すごとに傷みやすい脆い髪の毛となっ  てしまいます。

 

「間違ったシャンプー剤の使用」

市販されている一般的なシャンプーのほとんどはアルカリ性です。
その中でも、洗浄力の高い効果を謳ったシャンプーには特に注意が必要です。そのようなシャンプーは、汚れだけではなく、  本来必要である頭皮の角質までをも溶かしてしまい、頭皮自体に悪影響を及ぼします。頭皮の状態がきちんと整っていなけれ  髪の健康も保てません。

 

シャンプー剤は、頭皮と同じく弱酸性のものや、天然成分の入ったものを使用することをお薦めします。

 

原因があるものなら対策を知れば予防や進行の防止に繋がります。

 

20代の薄毛は老化現象ではなく、上記のような「原因」によって生じるものです。ならば、きちんとケアをすることよって改善は可能なのです!

 

まずは「薄毛」の原因を突き止め、原因に適した対策方法を取りましょう。

 

何はともあれ、早めの対策が肝心ですよ。

<<女性の薄毛治療が行える病院はこちらでご紹介しています!>>