女性 薄毛 原因

ルモンバランス崩れが抜け毛を誘発

薄毛や抜け毛というと、“男性のお悩み”といったイメージがあまりにも強いものですが、かなり多くの女性が同じ悩みを抱えています。

 

女性の抜け毛の主な原因は「加齢」です。
肌には“お肌の曲がり角”と言われようなピークがあることは周知の事実ですが、同じく髪にも“髪の曲がり角”と言えるピークが存在し、それはだいたい35歳頃だと言われています。
30代後半くらいから40歳に掛けてはちょうど中年期に差し掛かる時期ですが、この頃から抜け毛の症状がチラホラ出始め、薄毛に悩む女性が増えるようです。
しかし、加齢に伴う抜け毛はいわば自然現象であり、ある程度の年齢を重ねれば誰もが通る道です。頭皮のケアによって改善も見込めますのでそれほど悲観的にならないでくださいね。

 

ただ、それが大きなストレスになってしまっても大変です。塞ぎ込んでしまうほど悩なら、皮膚科や育毛専門のクリニックへの受診も検討してみてはいかがでしょう。女性にとっては何となく敷居が高く感じるかもしれませんが、実際は多くの女性が通っています。治療が必要なくらい酷い抜け毛の状態ではなくても、対策やケアの方法をアドバイスしてくれるはずです。
同じ頭皮ケアをするにしても、自己流で行うものより専門家の意見に裏付けられたものであれば安心感が違うでしょうし、何より抜け毛・薄毛に伴うストレスが幾らかは和らぐのではないでしょうか。

 

とにかくストレスには要注意。加齢によってもホルモンバランスは崩れてきますが、ストレスによるホルモンバランスの崩れも相当危険です。加齢とストレスとのダブルパンチでは改善どころか症状が悪化していく一方です。

 

今の世の中、ストレスと無縁であることは難しいですが、趣味や楽しみなど何らかの解消法によって上手にストレスをコントロールしていきましょう。

<<女性の薄毛治療が行える病院はこちらでご紹介しています!>>